デリケートゾーン用の石鹸を使うときには洗い方に注意しよう

デリケートゾーン用の石鹸を使った正しい洗い方をしよう

デリケートゾーン用の石鹸はたくさんありますが、実際に使うときには正しい洗い方をすることが大事です。実はデリケートゾーンというのは、ケアが不足してしまうと雑菌が繁殖してしまいやすくなります。すると、悪臭が漂うようになりますし、さらにかゆみの原因にもなります。雑菌としては、カンジダ菌やブドウ球菌などがあるのですが、これらの雑菌によってデリケートゾーンにかゆみが発生するようになるので、あまり良いとは言えません。このような理由から、正しい洗い方をする必要があるというわけです。女性の場合はデリケートゾーンの構造が非常に複雑になっているので、実はおりものや恥垢などがとても溜まりやすい傾向があります。また、生理になればやはり経血が付着するようになりますし、さらにトイレットペーパーもこびりつくようになるので、刺激がとても受けやすくなります。また、アポクリン汗腺も多く分布しているために、脇と同様に放置しておくとやはりワキガのようなにおいが発生するようになります。トラブルが頻繁に起きてしまうという方は、そもそものケアが不足していることがあるので、まずは正しい洗い方を身につけるようにしましょう。

デリケートゾーン用の石鹸を使ってどんな洗い方をすればいいの?

では、実際にデリケートゾーンの石鹸を使うときには、どんな洗い方をすればいいのでしょうか。皮膚がとても薄くて刺激に弱いので、適用に洗ってしまうとそれだけで刺激を受けてしまいます。したがって、まずはきちんと泡立てるようにすることが大事です。直接ボディーソープや石鹸などを皮膚に塗ってしまうと、それだけでとても刺激になります。泡立てることによって肌触りが滑らかになるので優しく洗うことができます。また、細かい部位まで泡が入り込むので汚れを落としやすく、シャワーでも落としやすいです。ただ、シャワーを使っているときには、やはり肌を傷つけないようにすることが大事です。前から順に洗っていき、最後には肛門まできちんと汚れを落とすようにしましょう。根本の肌をマッサージすれば、恥垢が付着することは無くなります。さらに、ムダ毛はできるだけ抜くか剃るかするようにしましょう。陰毛は皮膚を守るために存在していますが、あまり量が多いと汚れがついてにおいが発生するようになります。できるだけVIO周辺はサロンなどで脱毛するといいでしょう。風通しも良くなるので、環境が一気に良くなります。

洗い方に注意してデリケートゾーン用の石鹸を使ってみよう

デリケートゾーン用石鹸であれば、イビサソープやコラージュフルフルなどの有名なものがあります。ただ、薬局やドラッグストアなどに行って探すのが面倒だからといって、市販の通常のものを使うのは避けた方がいいでしょう。市販のものはどうしてもただ汚れを落とすことだけの成分しか入っていないことが多いので、潤い成分もありませんし、におい対策もできません。また、刺激を感じることも多いのでどうしてもスキンケアができにくくなります。膣内というのはペーハー値が4程度にしておくことが良いとされているのですが、一般の商品だとそれが困難になることがあります。したがって、雑菌や病原菌などの繁殖を防ぐためにも、やはり専用のアイテムを使って丁寧にケアした方がいいでしょう。また、生理中はどうしてもホルモンバランスが崩れているので刺激を受けやすくなります。肌を傷つけないように丁寧に洗う必要があります。いつも以上に優しい洗い方をすることで、生理中でもケアができます。膣内はセペなどを使って血を流すようにしてください。